中国製食品土産が心配ならば日本製食品土産を持って帰るのはいかがですか⁇

最終更新: 1月5日

中国食品をお土産として持って帰るのが心配、という方は多いのではないでしょうか?

私も実はその一人です。

中国文化を広めたいという思いがありながらも、やはり日本で報道されているような中国品の劣悪な製造環境が頭から離れず、特に食品に関しては口に入れても問題ないものなのか心配になります。

しかしながら、中国本場の風味は味わいたいもの。

そこで今日は、皆さんが安心して口にできるであろう日系企業が製造する中国食品土産をご紹介します!


1. 百奇(Pocky)、百力滋(PRETZ)

中国土産としては比較的有名なのが、中国版ポッキー。

12小箱にて販売されているのをよく見かけます。

製造しているのは、グリコの中国子会社である 上海江崎格力高食品有限公司


【製造会社情報】

設立 1995年9月

事業内容 菓子等の製造販売

資本金 138百万中国元(江崎グリコ100%出資

所在地 268, Room1001, Middle Xizhang Rd. Huangpu District, Shanghai China

Webサイト  http://global.glico.com.cn/


2. 四川麻辣風味 柿种米果

"おにぎりせんべい"で有名な㈱マスヤが中国企業との合弁で設立した万寿屋(天津)食品有限公司にて製造されています。


【製造会社情報】

設立 1996年9月9日

事業内容 菓子の製造販売

資本金  360万ドル

所在地  天津市空港经济区环河南路323号

Webサイト  http://www.masuya.co.jp/recruit/group.html




実は他にも日本企業の生産する中国食品土産を探しているのですが、

LOTTEってそもそも中国にグループ企業を持ってないんですね。

Webサイトを見て衝撃でした↓

https://www.lotte.co.jp/corporate/about/outline/group_oversea.html

ロッテが韓国企業か日本企業かという議論はとりあえず置いておくにしても、

やはりロッテグループが中国撤退を進めているなか、当たり前のことなのかもしれません。


他にも、日本企業がかかわる中国食品土産があれば紹介していきます!