Stray Kids はアイドル界の刺客!アイドル嫌いの人にこそ聴いてほしい!見てほしい!

最終更新: 2019年10月14日

Stray KidsはJYPエンターテイメント所属のアイドル。

と言われつつも、私は本物のアーティストだと思っている。

本当に自分たちが言いたい嘆きや意志を歌詞にして、聴くものに伝えようとする試みが全身から現れている。

一応”アイドル”として活動しているのに、「自分は地獄へのエレベータに乗っている」だとか、「大変じゃない。自分が選んだ道だから。」とか。

普通、アイドルはかわいいことばっかり言っているもの。


そしてさらなる彼らのもう一つの特徴は、曲にラップが多いこと。

伝えたい言葉があってメロディーがついてくる感じ。

だからキャッチーなメロディーに先行して言葉が突き刺さってくる。


彼らは20代前後の若者にも関わらず、人生を賭ける意識がある。

自分が選んだ世界で生きる覚悟が見えて、自由に生きたいという人間の理想を実現しようとしている。

まさに、”脳に直接言葉が突き刺さる”曲をパフォーマンスしている。

私は、それがとてもカッコいいと思う。


というか何が一番凄いって、並々ならぬ意志を音楽に反映しているのは、彼ら自身だから。

自分たち(メインは3RACHAとしても活躍する3人)で曲を作り、歌詞も書く。そしてパフォーマンスもする。

人間としての魅力が尽きない、いつでも新鮮な生命力


衝撃のデビュー曲↓

”Hellevator”は彼らによる造語。地獄から這い上がるエレベータの意味。

手を差し伸べても誰も助けてくれない、って言葉、人生自由に生きたいと考えている人は共感できるでしょ。

彼らはまさに音楽界をサバイバルしてきた人たち。尊敬する。


最新曲↓

自分で選んだ生き方だから困難も自分が主体となって乗り越えていくしかない、こういう価値観は身近に共有できる人は少ないけど、彼らがいるから自分だけがおかしいんじゃないって思える。

恐れず、自分の生き方を全うさせてくれる。


アイドルに偏見があるな、と自覚している人にも、生き方に迷っている人にもぜひStray Kidsの曲を聴いてほしい。

個人的には、将来、韓国のヒップホップ番組 [Show Me The Money] でも旋風を巻き起こせるレベルになっていくと思う。

グループで参戦してほしいな。


[追記 2019.6.23]

最新曲「부작용(Side Effects)」も素晴らしいです!

今、自分の意志を曲げずにストイックに生きることができているけど、そのせいで苦しんでいるように感じている人には絶対に聴いてしい。歌詞を見てほしい。

そうすれば、まだ自分を信じたいと思えるから。


#StrayKids #3RACHA