韓国で一番驚いたのは英語の浸透力かもしれない

最終更新: 1月5日


一夜明けて並んだ廃棄物

韓国語はできなくても大丈夫です!

英語ができればコミュニケーションは簡単!


えっ?!日本語は?って思った皆さん。

今や日本語は韓国の外国語の主流ではないですよwww

日本語が分からない若者が意外に多く、驚きました。

やはり今は日本からの外需獲得より、英語圏からの外需獲得が可能ですからね。

韓国は世界的に有名なメーカーも多いです。

英語が使えれば、あなたの韓国のイメージが変わります!



さて、具体的に私が英語を使ったケースをご紹介しましょう。


1.ホテル

 大手ホテルなら日本語での対応もありますが、比較的新しいホテルだと日本語の対応は少ないです。

 今回私はデザイナーズホテルに泊まったのですが、日本語で挨拶した後、察知して英語を使用していました。

 受付の方の英語は流ちょうに感じました。


2.セレクトショップ

 なんと韓国ではストリート系の兄ちゃんも英語で対応してくれるんです。

 これはもう感動ものでした。

 私の英語での話しかけに少し当惑したようですが、英語で対応してくださいました。

 私の探している服のサイズをきちんと裏から持ってきてくださいました。

 教科書英語だったとは思いますが、聞き取りやすく、私の言いたいことを理解し、英語で答えてくださったので本当にうれしかったです。

 紳士に見えました。


3.個人経営のデザイナーズショップ

 個人経営のショップでは、デザイナーの英語習得率が高いです。

 私が外国人だと分かると、流ちょうな英語で商品説明をしてくださいました。

 あまりにも流ちょうなので、私が何度か聞き返してしまいました。

 世界を見据えての活動を、心から尊敬します。


4.アミューズメント施設

 今回私はVRゲーム体験をしに行きました。

 私は友人の付き添いもあり訪れることができたのですが、普通は外国人の訪れないところです。

 私が日本人だと分かると英語で案内してくださいました。

 VRなので言語を理解してゲームを進めていくしかありません。

 私は韓国語よりも英語の方が支持を理解できると思っていたので、非常に助かりました。

 ゲーム終了後も英語で"Well done!"と話しかけてくださいました。

 外国でコミュニケーションをとることがこんなにも楽しいものなのかと、うれしく感動しました。


5.映画館

 韓国にしかない劇場を体験したく、あまり観光客の訪れないヨンドゥンポにある映画館を訪ねました。

 韓国では有名な映画館ですが、そもそも観光客は外国の映画館に興味がないですからね。

 受付の方、案内の方、私が外国人だと分かると英語で対応してくださいました。

 特にこちらの映画館にあるロボットについて説明してくれた女性は、英語が苦手と言いながらも積極的に説明してくださいました。

 他の方々への説明しなければならないのに、私の興味に付き合ってくれて非常に感謝です。

 私は韓国語で”かわいい”という言葉を知っているのですが、緊張と共に絞り出したような英語で"pretty"と言ってくださったことが、非常に嬉しかったです。

 ”また来てください”と何語でおっしゃっていたかは覚えていませんが、また絶対に来たいと思うような時間でした。

 

このほかにも英語を用いる機会はたくさんありました。

韓国は学んだことをきちんと活かしているな、と感心しました。

また、都市部では会う人会う人が言語を駆使して積極的に話してくださるので、とても楽しめましたし、感動しました。

正直、日本人は嫌われるかな、と思っていましたが、若者には全然嫌うような態度はありませんでした。

しかし注意してください!

予想以上に道に座っているお年を召した方々が多いです。

韓国語で日本人を悪く言っているのも分かります。

幸い、私は日本人に見られることが少ないルックスのためか、直接何かを言われることや嫌な目で見られるような感じはなかったですが。


英語で楽しめる韓国!英語習得者にこそぜひ訪れてほしい国です。